先走り気味の追加機能+先走る筆
右下にシカゴの現地時刻と天気を表示してみた。

えーと「link」の下にある。そうそう。そこらへん。
頬張る闇林檎 ガムバルヤムリンゴの下ね。
なんか臨場感出ませんか?海外在住者のブログー!って感じで。えへへ。

はい、そうです。まだ全然日本にいます。引越しの準備も終わってませんとも。

ちょっと背伸びをしたかったんですよ。そういう年頃です。31才って。



d0066276_0363893.jpg
年齢で思い出しましたが、会社辞めて、妻の留学についてくって話を友人にすると、今のところ、
男性からの反応は大体2パターンに分かれます。

①へぇー!うらやましい!

②お前、頭おかしいんじゃない?

あんまり①と②の中間のリアクションて、無いんですが。なんなんですかね。
これって、やっぱり私の年齢が30過ぎてるからでしょうかね。

私がキャリアを棒に振ってるような印象を受けるのかも知れません。


「いまさら世界を股にかけたニートかよ!」みたいな。

スケールが大きいんだか、小さいんだか分かりませんな。

この結論につくまで、随分夫婦で話し合いましたし、一時は妻が家出した挙句、近所のスーパーで発見されたこともありましが、今のところ、会社を辞めてからの事は、まったく後悔していません。

反対にこの一年、短いながらも主夫生活を送ったり、派遣社員として他の企業に入って働いたりという経験は、非常に刺激的でした。CookDoマスターにもなれたし。

この一年で得たものを例えて言うならば、

・キャリアを棒に振ったんではなく、『キャリア』に振り回されなくなったというか。
・木に登ったら降りられなくて、しがみついてた猫が、人の手で引き剥がされたというか。
・貸本屋の金三が、自分が浅瀬で溺れてることに気づいたというか。(品川心中)

うーん。良い例えが見つかりませんね。なんかしっくりしません。
3つも書いといてなんですが。

まぁ、ここら辺の話はまたそのうち。

どうですか、あなたも一度会社を辞めてみては?

いや、そんな話をしたいわけじゃないだ。

筆滑りまくり。

では。
[PR]
by twitetta | 2005-06-22 00:44 | 日記
<< 微調整 微調整 >>