【お買い得情報】Chicago Premium Outlets
先日、妻に「あなたは最近、豚の角煮のような太り方をしてきたわね」と言われました。
言わんとする意味はよく分かりませんが、多分誉められたんだと思います。

いやはや、すみませんね最初からノロケ話で。失礼失礼。



というわけで、三連休の2日目の9月4日、車でChicago Premium Outletsに行ってきました。

ダウンタウンから車に乗って小一時間程でしょうか。
妻はすっかり運転にも慣れたようで、かなり強引な運転も思いのままです。

d0066276_2225588.jpg


私は隣でナビゲーター。相変わらず自分がどこを走っているのか判然としません。

そして到着。よく着けました。

ここは日本の御殿場プレミアムアウトレットの親戚筋だか親子筋にあたるアウトレットモールで、なんとなく面影も似ています。

d0066276_22295491.jpg


こんな感じ。周囲は何にもありません。

d0066276_2230513.jpg


こちらのアウトレット、CoachとかBanana RepublicとかEddie Bauer とかKenneth Cole とか、様々な有名ブランドが軒を並べています。

d0066276_22362466.jpg


こんな感じで。

rumidukeさんの好きなLE CREUSETなんかもあります。

d0066276_22395828.jpg


貧乏夫婦の私達としては、有名ブランドの大人買いなどということは夢のまたの夢なため、お安いけれど良い品を探して歩きます。

私は主夫らしく、キッチン用品のお店なぞを冷やかしてみたり。

d0066276_22425534.jpg


お! これはテレビでよく見るタッパーの詰め合わせセット。くるくる回る専用の台がついて、49個もタッパーが付いてくるという優れものではありませんか!
実物が見れて嬉しい限り。

d0066276_2245872.jpg

テレビで観た印象とちょっと異なり、随分とチャチなシンプルな印象です。くるくる回る専用の台もペラペラした繊細な作りで、ちょっと私の無骨な手には似合わないかな。残念。

あとはオムレツ専用のフライパンを発見。

d0066276_22474465.jpg


このフライパン、何が凄いって手元のレバーを操作する事で、簡単にオムレツをひっくり返し、シェフも真っ青な美麗なオムレツを調理する事ができます。

ほれ、

d0066276_224823100.jpg

パタリ。

d0066276_2250585.jpg

パタリと。

すごーい。いらなーい

残念ながら手が出ないので、私はこれまで通り、フライ返しを使ってオムレツを作る事にしますよ。

ちょっと欲しかったのは、Attitude Apronsという商品。これはエプロンに様々なメッセージが印刷されているというもの。

d0066276_22531122.jpg

<注意>
私は2.3秒でホステス(女主人)からあばずれになることが出来ます。


要するに客は振る舞いに気をつけろってことですね。直訳で失礼。
この「2.3秒で・・・」というフレーズ、他の商品でもたまに見かける頻出フレーズです。試験には出ないけど。

「わたし、朝起きると夫が朝食作ってくれて、ベッドまで運んで来てくれたりするのが夢なの♪」 という奥様に捧げたいのがこれ。

d0066276_2257969.jpg

ベッドで朝食が食べたいなら キッチンで寝ろ

まぁもとは妻がこのエプロンすることを想定しているのでしょうから、夫に対するメッセージなんでしょうがね。

そんな感じでChicago Premium Outletsは終了。

え? ブランド品の紹介が無いって? 東急ハンズで売ってそうなもんばかりだって? 私あんまりブランド詳しくないんですよ。ええ。タイトルに偽りがありましてどうもすみません。

妻は四国のどっかで作られたらしいバッグが品揃えも良く、大変安いと喜んでましたが...。香川だか愛媛だか言うブランド。あの馬鹿高い奴ですよ。よく知りませんごめんなさい。

アウトレットを出たのは16時くらい。朝の11時に来たときは比較的空いていたのですが、この時間になると車が混雑して大変なことになってます。行かれる方は午前中に行った方が良いと思われます。

ちなみに日本人はほとんど見ませんでした。アナウンスに日本語バージョンがあるのが、なんとも素敵でしたが。系列店が日本にあるからなのか、日本人のブランド好きというのが世界に広まっているからなのかは謎です。

ダウンタウンに帰りがてら、少し足を伸ばしてWhole Foods Marketまで。

このお店はオーガニック食品が豊富で、見ていると大変楽しいです。我が家にはちょっと高くて、あんまり購入しませんが。

d0066276_2384425.jpg

もの凄い密度で積み重ねられた有機野菜を見て、日本の満員電車に思いを馳せたり。

d0066276_23103386.jpg

いくら何でも重ね過ぎだろ。と心の中で突っ込みを入れたり。下の方の野菜なんか息絶えてませんかね。

家に帰ると(早いねおい)、今度は今日が最終日のChicago Jazz Festivalを見に、歩いてグラントパークまで。

このジャズフェスティバル、野外コンサートで、基本的には無料。全米でも屈指の規模だそうで、この3日間、様々な場所で無料のジャズが楽しめます。

d0066276_23221173.jpg


良い写真じゃありませんが、かなり大きい会場。とても無料とは思えません。

というわけで、ジャズを鑑賞中。

d0066276_2323284.jpg


すみませんね。良い写真じゃなくて。

ジャズは詳しくないので、好きな人に言わせりゃ豚に真珠でしょうが、生演奏で聴くジャズというのは、やはり感動しますね。

隣にいた白人男性がもの凄い勢いでトウモロコシをカジリつづけており、その一心不乱な有様にも心を打たれました。何日くらいご飯を食べていなかったのでしょうか? もしかして、トウモロコシ食べるの初めて?

その白人男性が、演奏が終わる度に顔を上げては、

「イエェーーーーーーーーーー!!&%&’#”#@!」

と、両手を(トウモロコシと一緒に)振り回しつつ、奇声を発して喜んでるのを見るにつけ、

お前ジャズ聴いてねぇじゃねぇかアメリカ人にとって、ジャズというのは本当に特別なものなのだなぁ、と感じ入りました。

演奏も終わり、夜のダウンタウンを家に向かって歩きながら、なんとも夢心地でフラフラ。

という訳で三連休の2日目終了でございます。
[PR]
by twitetta | 2005-09-06 23:33 | 日記
<< ピッカピッカの♪一年生♪ 9月3日の回想または日々是決戦 >>