ESL二日目
本日2日目。今日のメインは午前中のイベント。



クラス分けの為のTOEFLを受験するのだ。

8時45分に指定された教室に到着。
教室の前で写真付きのIDをチェックされた上で入室。本格的ですね。
9時頃、OHPを使って説明が始まる。久々に見たなOHP。

各種書類に名前・住所等を記入していくのだが、説明役の人が懇切丁寧に説明を加える。

「名前のところですが、ラストネーム、ファーストネーム、次に生年月日を、月、日、年の順で記入して下さい、記入例はOHPを参照すること。」

ふと顔を上げてOHPを見ると、

PRESLEY ELVIS 01/08/35

OHPを使ったのは、これが見せたかっただけかもしれないと思った。

ほどなくして試験開始。久々のTOEFLなのはさておき、今回はPBT初体験。
(知らない方の為に説明すると、いま日本でTOEFLを受験すると、ほとんどがCBTと呼ばれるPCを使った受験システムになっています。PBTとは、昔からの紙ベースのもの。)

こんなに沢山マークシート埋めるのって、何年ぶりだろう。つい輪郭線を何回もなぞってしまったり、球体に見えるように三日月型の影をつけたくなったりする。いかんいかん。

CBTと勝手が違うため、結構戸惑う。しかしその戸惑いもなんとか克服...する前に試験終了。あららら。

2時間半、休憩無しでマークシートをしこしこ埋めていたらすっかり指が痛くなりました。
これだけ日々英語に接しているつもりでも、TOEFLってば結構難しいですね、なんて当たり前の感想を持つ。
試験の結果は、明日スケジュー表を貰いにくれば分かるとの事。さてどうなるか。

あと面白かったのが、TOEFLを終え教室からぞろぞろ退出するときに、あるラテン系の女性が「かじったばかりのリンゴの芯」を持っていた事。

それ、絶対試験中に食ってたよね? ねぇねぇ。試験終わってから出るまで、食べる時間ないもんね?
なんか日本での常識を軽やかに飛び越えられるのが楽しいですね。

昼飯をとり、午後からはオリエンテーション。これからは、15〜20人程度のグループに別れて行動する事になる。「大体レベルは合わせたけど、明日からのレベル分けとは必ずしも一致しない」との意味深な言葉。えー私は日本人一人だけなんですが、このグループのレベルは高いの?低いの? 

同じグループになった人に話しかけてみると、確かになんとなく同じくらいの英語力な気がする。うーむ。多分低い方と見た。

物凄く体格の良い先生(女性)に引率され、大学の構内を案内される。結構広い上に、構造が入り組んでいて分かり難い。案内されててもまた辿り着ける自信ないな。これ。

それよりも、構内を少し移動するたびに、この物凄く体格の良い先生(女性)が気絶するんじゃないか、というくらい息を切らしているのが気になって仕方が無い。主に11〜17階をウロウロしたのだが、ここらへんて空気が薄かったけ?というくらいの衰弱っぷり。

先生「ハァーッ ハァーッ  この14階が図書館になって フゥー て皆さんも本を借りる事が フゥー 出来ます ハァー さぁ次は一階上に登りましょう ハァーハァー エレベーターで!

見てるだけでドキドキしてきた。1階上だし、階段使いましょうよ、とは中々言えません。

構内の案内→コースの説明→グループ内で自己紹介→構内の案内→大学の説明

といった感じで午後は進む。相変わらず分かりやすい英語。なんかぬるま湯に浸かってる気分になりますね。あーコリャコリャ。

気がつけば15時過ぎ。どうやら本日のメニューは終了。

ESLの授業料の支払いがまだ済んでなかったので、家に帰る前に妻に電話をし、ESLの大学で落ち合う事にした。なんだかやつれた妻が登場。

リーダーシップに関する授業でディスカッションをして、思うように発言出来ないのが辛かった模様。なんだか目が落窪んでますが大丈夫ですか。
しかもディスカッションの様子はビデオに撮られていて、後で見直して互いに評価したそうで。なんてイヤらしい。盗撮とは!

違いますかそうですか。

そんな話をしながら授業料の支払いをし、学生証を貰う。学生証を持つなんて何年ぶりだろう、ちょっと嬉しくなった。

今日はこんな感じでした。

本当は写真を色々入れたいんですが、まぁそれはおいおい。では。
[PR]
by twitetta | 2005-09-14 11:49 | ESL
<< ESL三日目 ESL初日 >>