カテゴリ:ESL( 19 )
干潮と管長のあいだ (岩波国語辞典第六版より)
今回のエントリーは一部不適切な表現があるかも知れません。
一応MPAAに則ったレイティングをしておきます。

d0066276_616261.jpg


Rating:PG
-保護者の指導が必要。
-多少の品の無い冗談がある。

読んだあとに「人間性を疑う」「シカゴまで行って何をやってるんだ貴様」というような
クレームは受け付けません。悪しからず。

続きを読む「干潮と管長のあいだ」
[PR]
by twitetta | 2005-11-30 15:09 | ESL
ESL秋ターム終了
長いようであっという間だった、ESLの秋タームが今日で終了しました。

9:00にESLのオフィスへ。すでに沢山の生徒たちが集まって、成績表を貰っています。
コーヒーやジュース、マフィンやクッキーなども用意されていて、ちょっとしたパーティーになってます。

私もいそいそと成績表を貰います。

お陰様で取っていたクラスはどちらも無事パスしました。って滅多なことでは落とさないとは思うんですが。

とりあえずSpeakingはP(Passの略)、WritingはP+という成績。あれだけ苦戦したWritingでP+を貰えて、余裕だったSpeakingが普通のPってのが不思議です。

昨日受けたTOEFLのスコアも入ってました。3ヶ月前に受けたものから比べると・・・。・・・微増。リスニングが比較的アップしたようですが、残りの2つについては大して上がってません。

しかも、これでも日本で受けたCBTより点が低いのですが・・・。納得いかねぇ。PBTは嫌い。

成績表を貰った後は、コーヒーとクッキー片手にクラスメイトや講師とお喋り。母国に帰る人、次タームをとる人、大学や院に行く人等々。

しばらくすると、正式に修了式が開始。ESLの責任者のスピーチや、今日で退職する職員の挨拶、Campus Bridge組の修了書の授与など。

式が終わった後も、クラスメイトや講師を捕まえて写真を撮る人、別れを偲ぶ人さまざま。私自身、仲の良くなった連中はほとんどが母国へ帰ってしまいます。寂しいものですね。

仲の良かった連中とは12月にまた会う予定なので、今日の段階ではそれほど寂しくありませんが、それでも別れの時はヒタヒタと近づいてきます。

こういった大規模な別れというのは、大学卒業以来、経験することなかったので、学生みたいでなんとも新鮮です。いや喜んじゃいませんが。

彼らの中の一人でも多くと、これからも付き合いが続けられるとよいのですが。

どうもお世話になりました。良いお年をお迎えください。

それは気が早いか。

ではまた。
[PR]
by twitetta | 2005-11-23 23:39 | ESL
TOEFL&打ち上げパーティー
ESLで最後のテストを受けてきました。

今を去ること3ヶ月前、クラス分けのためにドキドキしながら受けたのが懐かしいものです。

前回とは異なり、見回せば友達の顔が沢山見えます。こないだは教室の中もシーンとしていたのが、今ではそこかしこで話に花が咲いています。

ESLの責任者が今回も書類の記入方法の説明をします。

OHPの記入例を見ると、

PRESLEY ELVIS 01/08/35

もう誰も笑いません。

そうこうする内にテストが開始。最初はListening。

おやおや。

3ヶ月で少しは慣れたのか、結構聞き取れるような。

というかTOEFLのListeningって随分遅くない?なんつって。

ひっかけ臭いのや、アワアワしている内に答えてしまって、どうもミスしたっぽいのもあるものの、以前に比べれば多少は聞き取れている気がします。
何にしても日頃ネイティブと話す時に比べれば随分とクリアかつスローな印象。やはり3ヶ月とは言え、多少は英語耳が発達してるんでしょうか。うひひ。

など余裕をかまして解答を進めていくと、つづくStructure、Readingの難しさに悶絶。Readingに至っては、まだ2つの長文が丸々残っているにも関わらず、残り時間7分しかない始末。うわぁ。

Listeningで油断していてペースが狂ったのか、慢心している心を諌めるために神様が問題をすり替えたのか、どうにも難しい。

駄目だこりゃ。

というわけでワタワタと問題を片付けて終了。

ぐったり。

TOEFLを受ける度に、自分の英語力の未熟さを噛みしめるものです。

その日の夜はスペイン人のS主催によるサヨナラパーティーに出席。店は安くて美味しいと評判のCafe Iberico。総勢24人の大人数でサングリアを飲み、カラマリを食べて楽しく過ごしました。

このパーティーの中では、名前は分かりませんが、両手でグーを前に出し、「せーの」で親指を上げてその合計を当てるゲーム、これで負けたやつがサングリアを飲むと言うルールをつくり、アジア人を始め、他の国の人も巻き込んで大いに盛り上がりました。

他にもどれだけ馬鹿な顔をして写真を撮れるかなど、言葉の壁がある分、精神年齢が低めな遊びばかりでしたが、こういうのも楽しいもの。

2次会へ向かうという連中を残し、私は早めに帰宅。酔っ払ってましてね。どうもすみません。
[PR]
by twitetta | 2005-11-22 23:08 | ESL
Final Exam中…

結局早朝近くまでクラスメイトとチャットで打ち合わせ/ファイルのやり取りをして、プレゼンテーションの資料が完成。睡眠時間4時間足らず。

プレゼンテーションの本番は13:15からだというのに、9:30に学校で集合。
落ち、というかConclusionを決めてなかったので、そこらへんを議論。

真面目に終わらせるか、ブラックユーモアで落とすか、能天気に落とすかで意見が分かれる。スペインで弁護士だったSは最後まで真面目に終わらせることに拘っていたようだが、もう時間が無いということで意見を引っ込めた。
チームの中での唯一の非アジア人であるSも、よくやってるなぁと思う。内心「この魚臭い黄色人種どもがっ!」とか思ってるかもしれんが。

あっというまに本番開始。私の役割は結構即興が必要とされるところだったのだが、なんせ英語が流暢に出ない。パートナーである韓国人のJに頼ること多々。申し訳ない。

なんだかんだ言って、予定通り30分を少し過ぎるくらいでプレゼンも終了。ある程度の笑いが取れたから良しとしましょうか。細部がグズグズだったのが気になるが、まぁ勢いも大事なので。

これでSpeakingのFinal Examは終了。準備がエライ大変な代わり、評価は結構甘い授業なので、問題はないかと。

明日はWritiing、そして来週にTOEFLの模試を受けたら無事秋タームが終了になる見込み。

ではまた。

追記

妻から「少しは面白いことを書け」と言われたので、書きます。




おなら。
[PR]
by twitetta | 2005-11-17 23:12 | ESL
ESL印象批評
先週、もう行かないかも、と言っていたもう一つのESL(以下 市民ESL)ですが、実はまだ通ってました。

とはいえ、先週は元から通っているESL(以下 大学ESL)の課題が洒落にならない状態だったため、市民ESLの方には「一週間お休みします」と電話をしていました。よって、実質的には、こないだのエントリからほぼ1週間振りの出席だったわけですが。

つづきを読む
[PR]
by twitetta | 2005-11-14 21:11 | ESL
二足のESL
現在通っているESLとは別に、無料のESLに通ってみました。
ものは試しで。

現在通っているESLは、有料、月から金、長い日は9:00〜16:30まで。
とある大学の付属で、主に大学/大学院への進学を目指す学生向けのもの。

今回トライしてみたのは、無料、月から水 17:30〜20:00まで。
シカゴ市の援助により主にシカゴ市民向けに英語を教えている教育機関。講師は全てボランティアが行ってます。

いまのESLの秋タームが今月末で終了するので、その後の候補として登録したのですが、もう一つのESLが今週からスタートする為、必然的に2つのESLが重なることになります。

よって、今週の前半は9:00〜20:00までESLに通う羽目に。

それってどうよ。

つづきを読む
[PR]
by twitetta | 2005-11-05 21:02 | ESL
せめて俺に言わせて
結局5時くらいまでかかって宿題をしていました。

つづきを読む
[PR]
by twitetta | 2005-10-19 11:53 | ESL
深夜3時を過ぎても
明日、というか、今日の宿題をやってます。終わりません。

気軽にパラフレーズ(書き換え)の宿題なんて出してほしくないっすね。

眠い。
[PR]
by twitetta | 2005-10-18 17:07 | ESL
悲しい話
スピーキングの授業にて。

ESLのクラスメイト、スペイン人のクラウディアが学校を休んだ。

つづきを読む
[PR]
by twitetta | 2005-10-17 16:37 | ESL
現実逃避
明日のWritingの宿題がまったくもって進まないので、現実逃避でエントリー。

つづきを読む
[PR]
by twitetta | 2005-10-04 12:59 | ESL